特有の金欠

私は現在も美大に通っていますが、お金で困るというのは大抵画材を買うという面でよく困っていました。
特に自分のやりたい作品が大きなものであったり点数の多い場合、それなりに画材を買う費用がかさむので、特に金欠時は厳しいです。
わけありで留年、休学中の身ですが、一番お金に困ったのは卒業制作時。
作品の制作費はもとより、作品展の交通費、展示費用、DM代、その他、一番費用が掛かり、大変でした。
自分の好きなことをやらせていただいているので出費に関してはどうこう言えない身だけれどもアルバイトで稼いだお金のみでは出費も多く困ることも多々有り。
好きなだけではやっていけないんだなと卒業制作の際に強く感じました。
それでも今までやってこれた、やっていこうと思えたのは自分が好きでやってきたこと、やりたいことがあるからで、お金がなくてもどうにか工面してやってました。

それでもお金のない時は、両親に借りたり、消費者金融で借りたりとどうにかこうにか制作をしてきました。バイト代が入るとまずは借りたお金を返済してから生活をするようにしていましたね。借金地獄にだけはなりたくなかったので・・・

あと学生時代にお金で困ったことは自分の好きなことや趣味にお金をかけられないこと。
カメラを買うにしても、日帰りでどこかに出かけるにしても、お金がかかるので、少しずつお金を貯めて、好きなものへの投資はしてました。
カメラも、本格的な一眼レフは手が届かないので、なるたけ安く買えるところで買ったミラーレス一眼を現在使っています。
この子も、あまり収入のない中で買ったので大切に使いたいと思います。
旅行も、バイトを新しくし始めたのでぼちぼちお金を貯めていきたいです。

なにか目標を持って働いたり貯金をすると活力にもなるのでいいですね☆

太い足がイヤ

コンプレックスは多々ありますが、一番いやなのは脚が太くてO脚だということです。

O脚だから変な筋肉がついて太くなったのか、それとも元々デブなのかわかりませんが、びっくりするほど太いです。太い上に曲がっていて、とても人様には見せられません。

だからスカートも、なるべく長い丈のものを履いています。 高校時代は制服なども、ロング丈が流行りだったからラッキーでした。

今のように短い丈が流行だったら不登校になっていたかも。 OL時代はひざ下スカートを嫌々はいていましたが、プライベートではロング丈かパンツスタイルばかりでした。

ひざ上のスカートやショートパンツをはいて颯爽と歩くのは夢ですね。 きっと一生できないと思います。

この太くて曲がっている足がイヤでイヤで、O脚が治ると謳っている整体に通ったり、脚やせダイエットに挑戦したりもしました。

食事量を減らして、毎日酵素ドリンクを飲むようにもしました。 でも、足だけだどうしても痩せられずに・・・(*_*)

結局、全部お金と時間の無駄でした。 今になって思うと、やはり歩き方も悪かったようです。

なぜならここ数年、脚を組んで座っていてから立ち上がると、太ももの付け根が痛むようになったからです。 きっと骨盤がゆがんでいるのでしょうね。

O脚だから歩き方が変なのか、歩き方に変な癖があったからO脚がひどくなったのかわかりませんが、いまさら治せません。

この太い足が大嫌いだったけど、今はもう仕方ないな、嫌ってばかりでごめんという気持ちにもなっています。 それでも七部丈のパンツでもはく気がしませんけどね。

フォーマルスーツもロングに限ります。 きっと一生脚は隠して過ごすと思います。

あの時期は本当に困ってました

ある日、足が痛くなってきて何件も医者に行きました。すると手術が必要とのことで、治療期間も1年かかると言われて、仕事をやめなければいけなくなりました。 その後、年金を貰って生活しようと思ったのですが、途中から年金を払っていた私は、年金を払っている期間が短すぎてその病気では年金がもらえないということがわかりました。

もちろん、インターネットでの仕事なども当時はなくて、 しかも、ほとんどベッドに寝ている生活がしばらく続いたのです。 杖を使って歩けるようになったのはいいけれど、貯金もしてこなかったので お金が全くなく途方にくれていました。昔に100万ほど借入をしたことがあり、その返済もまだ残っている状態・・・その返済も母に助けてもらったりしています。本当に親不孝な娘で申し訳ないのですが、身体のせいにしてはいけないのは分かっているのですが、思うように動かない身体で外に働きに行くことが困難です。

兄弟が株をやってみたらどうだと、すすめてくれたのですが、 私には株は難しく、資本金もほとんどないためもちろん儲かるわけもなく、 そのままになってしまって、どうすることもできなくなりました。

仕方がないので、自分で欲しいものなんかは、母親にお金を出してもらう生活が数年は続きました。 今も、まだ足が治っていないので働くのが困難で、お金には困っています。 パソコンが壊れてしまって母親に借金をしてパソコンを買っていて、 今だにそのお金が払えないでいます。 今は、ネットで仕事ができる時代になったので、 パソコンを使って、内職のようなことをしています。

少しでも稼いで母に返済して、どうにか自分で生活が出来るようにしないといけません。。。

職業安定所とかにも行って職探しをしているのですが、やはり年齢と身体のことで雇ってもらえるところがほとんどない状態・・・・根気よく通うしかないです。

仕事だけに集中出来る主人に腹が立つ

専業主婦をしていていつも思う事があるのですが、それは 地域の婦人会や子供が通う学校のPTA活動など、すべてに おいて主婦が活動しなければいけないのが理解出来ません。

あまりそう言う活動が好きではないと言う事や、特に婦人会は 班長が当たると近所の方との密なお付き合いなども強要される ので、精神的にも結構大変な世界なのです。

そんな面倒な事をすべて私任せている主人は、仕事を理由に 何一つ手伝ってくれないのですが、それなら私も働くから 手伝ってよと思わず叫んだ事もあります。

社会的に女性の進出は避けられる事が多いのですが、それなら PTAやら地域活動やらも女性に任せるのではなく、男性が 中心に行えば良いのにと面倒な事を押しつける社会の男性陣に 腹が立ちます。

そのうっぷんを先日大好きなかににぶつけました(笑)

ぶつけたと言ってもたらふく食べたってことだけですが(笑)

かにが大好き過ぎて回転ずしに行くとかにばっかりwww主人は大分呆れていますが(‘_’)

かにをたらふく食べたと言ってもスーパーとかで売っているものは高くて手もでないし、安いのを買うと身が詰まってなくて全く美味しくないので私はいつもかに通販で購入しています。

通販で購入すると安いし美味しいし身は詰まっているしで言うことなしなんです(^^)vみなさんも鍋パーティーなんかをするときには利用するととってもお得ですよ〜(*^-^*)

わきがなの??

今僕が一番不安なのが、自分自身がわきがなの?っていうことです。汗をかいたら匂うのはみんなそうだと思うんですが、違うんですかね?

そもそもわきがのにおいっていうのが、僕が発している匂いなのか?っていうのが疑問があります。イマイチどういう匂いがわきがなのかっていうのが分かりませんから。

僕は右のわきと左のわきでは匂いが違います。右のわきのほうがちょっとツンとしたような匂いなのです。わからないとか言いつつ多分これがわきがっていうことなんだろうなーっていう予想はしていますね。自分自身で認めたくないからわからないといっているだけですね。

僕だけでなく、脇が臭い人っていうのはたくさんいると思います。友人といても、毎回に追うわけではないけど、時々わきがのようなツンとした匂いがする人とかいますからね。

後、口臭も匂う友人も増えてきたような気がします。昔は口臭が匂う友人なんていなかったけど、年とともに匂うようになってきたのかもしれません。

わきがのことを調べていたら、脇が臭いときに抑える為の方法とかが書かれているサイトを見つけたので、こちらを参考にしようと思っています。

わきがっていうのは、完璧に治すためには手術するしかないようですが、手術しなくても、においを抑える商品などによって、ある程度においを防ぐことができるようですよ。

 

赤ちゃんとのコミュニケーション

ベビーマッサージって大切なの知ってますか。

ママと赤ちゃんが肌と肌で触れ合うことから生まれる「心のコミュニケーション」の1つと言われています。

ファッションモデルの蛯原友里さんの双子の妹、蛯原英里さんがベビーマッサージのセラピストとして有名ですよね。

私にも、生後7か月の娘がいるんですが、ベビーマッサージをやっていますよ。

娘も凄く気持ちよさそうにしてくれますよ。赤ちゃんがいる方はやってみて下さいね。